肩の痛みについて


肩の痛みと聞くと、四十肩五十肩を連想されると思われます。

これは肩甲上腕関節(腕の骨と肩甲骨)をつなぐ関節包と呼ばれる組織に

何らかの異常が起こって縮まった状態になり、肩を動かすたびに痛みを伴います。

炎症が起きる期間は何もしなくても痛みがあり、夜間痛も出たりします。

 

いずれ痛みは治まってきますが、そのままにしておくと肩の可動制限が起こり

痛みはないのに肩が上げにくい状態になってしまいます。

 

また、インピンジメント症候群上腕二頭筋長頭腱炎などといった

肩の運動のバランスが崩れた影響で起こる痛みなどもあります。

 

肩関節の運動のひとつに肩甲胸郭リズム

呼ばれる運動があり、画像のように腕を横に

90°挙げた場合は、上腕骨(腕の骨)は60°

肩甲骨は30°と、2:1の比率で協調運動をします。

他にも肩甲上腕関節、鎖骨を胸骨を加えた

肩鎖関節や胸鎖関節も肩の運動に関わります。

 

これらの関節が正常な動作をすることで、肩を自由に動かすことができますが

なんらかの異常で、肩の運動のバランスが崩れた状態で動かし続けると

肩周辺の筋肉や腱を傷つけてしまい、動かすたびに痛みを伴います。

 

症状により痛みや場所などは違いますが、肩関節に関係する筋肉や筋膜

腱などにアプローチし、関節に正しい運動を加えてゆくことが

痛みの消失と肩関節の可動域の改善に繋がります。

長期的に症状を放置していた場合は、痛みや可動制限を記憶していますので

施術プランや機能回復のエクササイズを提案させて頂きます。

肩の痛みでお悩みの方の御感想


T様

60代女性

【左肩が動かなかった】

とても親切に動かしていただき
肩の痛みが1度で改善されました。
何ヶ月も痛かったのが、うその様です。
何度でも来たくなりました。



【1日7名様限定・完全予約制】

tel.078−599−5661

【営業時間】10:00〜23:30

(最終受付22:30  土日祝9:30〜)

 

24時間ネット予約は→こちらをクリック