続×4・映画って本当にいいもんですね〜

先日、お盆休みがわりに(笑)

シネ・リーブルさんで

“ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣”

レイトショーを観てきました。

 

19歳にして、英国最高峰のロイヤルバレエ団で

プリンシパルとなり、その2年半後には電撃退団をした

バレエ界きっての異端児と呼ばれた

セルゲイ・ポルーニンさんのドキュメンタリー作品です。

 

本人に密着し、スクール時代やプライベートな映像

ご家族や友人、関係者のインタビューなど通じて

天才であるが故の苦悩や孤独感

家族との関わり、ダンスへの愛など

セルゲイさんの素顔が映し出された

魅力的な作品になっております。

 

初めて知った方でも、この作品を観れば

好きになる事、間違い無しです!

ラストダンスとして踊ったTake Me to ChurchのMVも

観ていただければ、さらに好きになると思います!

あと、素晴らしい肉体美は必見ですよ!(笑)