Bejart Ballet Lausanne Japan Tour 2017

先月、兵庫県立芸術文化センターに行ってきました!

ちなみに去年は、アリス=紗良・オットさんの

ピアノリサイタルで来ました(一年経つのが早いですね…)

そして今回は…

バレエです!!(観るのは好きですが、全く詳しくありません 笑)

10年前に惜しくも亡くなりました

モーリス・ベジャールさんが設立されたバレエ団の来日公演です!

(現在はジル・ロマンさんが芸術監督を務めています。)

 

御存じの方も多いと思いますが

ベジャールさんといえば“ボレロ”

今回、西宮では2日間公演が行なわれ

2日目にその“ボレロ”が上演されたのです!

前々から生で観たいと思っていたのでラッキーでした!

今回の“ガラ・パフォーマンス”では

“ボレロ”を含めた4作品が上演されました。

4階席からの鑑賞。

舞台全体が見渡せる良いロケーション!

 

世界的に有名なシャンソン歌手エディット・ピアフさんの

歌声と語りに合わせて男性ダンサー達が踊る“ピアフ”

 

日本人ダンサーのお二人が主役を務め衝撃のラストを迎える“兄弟”

(ロマンさんが、お二人を見て兄弟みたいだからと作られたとか… 笑)

 

ユングさんのインスピレーションを受け、男性の中にある

女性的な一面を表現した“アニマ”音楽がスゴくカッコイイ!

 

正直これだけでも満足すぎて、お腹いっぱい!(笑)

ですが、やはりメインディッシュを頂かないわけにはいけません!

 

そして待ちに待った“ボレロ”

超有名ですので内容はカットします!

ジョルジュ・ドンさんやシルヴィ・ギエムさん(来日公演行きました!)

など、伝説のダンサー達が踊られた作品。

今回は、ジュリアン・ファブローさんが踊られました。

出だしの小太鼓の音が鳴り始めた瞬間、キターーーって感じで興奮!

何といいますか圧巻・感動・昇天です(笑)

余韻に浸るかの如く、ボレロを聴きながら帰りました(笑)

 

あっ!それと…

西宮に来ましたので、前回同様

“パティシエ エイジ ニッタ”さんに行ってきました!

今回は“丹波栗のモンブラン” “ミヤレーヌ” “ほんわか”を持ち帰り!

視覚、聴覚、味覚ともに満たされました(笑)