ソール・ライター展!

先日、伊丹市立美術館に行ってきました!

前回の『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展』から約2年ぶり!

文章を書くのが苦手な僕が2年もブログを続けるなんて…(しみじみ)

と、それはさておき、今回はタイトルにも書いております…

中では、愛猫レモンちゃんと共にソールライターさんがお出迎え!

もちろん作品の撮影は禁止ですので

代わりにゲットした、4種類の作品のチラシをどーぞ!

すごく魅力的な写真だと思いませんか?

日本初となる回顧展は、写真に加えて絵画やスケッチブックなど

約200点が展示されたボリュームたっぷりな内容でした!

時間の許す限り二周ほど見回りましたが、全然見足りない!!!

 

実は、これだけ有名な写真家の方なのに

来院されている方に、この写真展を教えてもらうまで

まったく存じ上げておりませんでした!いやーお恥ずかしい!(笑)

 

“カラー写真のパイオニア”と称される、ソールライターさんですが

カラー写真を撮り始めた1940~1950年代は

モノクロ現像に比べて金銭的負担が大きく、現像が困難なため

1994年に写真感材メーカーが補助金を負担してくれるまで

これらの作品群が日の目を見ることがなかったそうです。

 

写真自体、まったく詳しくありませんので構図が~うんぬんかんぬん

みたいな説明は、他の方が書いてあるのを参考にしてください(笑)

ライターさんの色彩感覚や、視点など本当にスゴイなと思えました。

時代を超えて素晴らしい作品に出合えた事に感謝です!

興味がある皆様は、20日までに伊丹へGO!!

ポストカードも何点かゲット!しました。

この作品展も興味あります!!!