続×9・映画って本当にいいもんですね〜

お盆休み真っ盛りですが

皆様、ゆっくり過ごされているでしょうか?

 

アルモニは例年の如く、関係なく営業真っ盛りです!

その代わりといってはなんですが

先週、映画を観てきました!

 

一部のマニアックな(笑)アルモニ・ブログ読者の皆様は

分かったかも知れませんが(かなりマニアな方ですね)

僕が大大大好きなフランソワ・オゾン監督の最新作です!!!

 

ちなみに去年も、同監督作『婚約者の友人』

今回の上映館のシネ・リーブルさんで観てますよ~

個人的な感想としては大満足!!な作品ですが

かなり好みが分かれそうな感じもします。

 

原因不明の腹痛に悩まさせる女性が

カウンセリングで痛みから解放してくれた

精神分析医と恋に落ち、同居を始めますが

ある出来事をキッカケに、双子の兄で同じ分析医である

男の存在を知り、疑惑の真相を突き止めるため

偽名を使い、双子の兄の元にカウンセリングを受けに行きます…

 

ジャンル的には、心理サスペンス映画なっております。

現実なのか…妄想なのか…すごくクラクラさせられ(笑)

特に後半の怒涛の展開は、かなり楽しめて

個人的に初期の作品のテイストが感じられました。

 

双子、鏡、猫、美術館の展示品などなど

監督の意図的な部分を、自分なりに解釈しましたが

DVDを購入した際には、さらに深く入り込んでクラクラしまくります(笑)