続×13・映画って本当にいいもんですね〜

今月は(来月も)観たい映画が盛り沢山!

てな事で、予約の合間をぬって

ちょこっとばかしシネ・リーブルさんへ!

ドント・ウォーリー

 

ガス・ヴァン・サント監督ホアキン・フェニックスさん主演で

公開前から、かなり期待してて絶対に観に行こうと思っていました!

 

自動車事故によって身体が不自由になった

実在の風刺漫画家ジョン・キャラハンさんを描いた作品。

 

勉強不足で、まったく知らなかったのですが

この事故に加えて、アルコール依存体質から脱却や

母親に捨てられた過去など、とても壮絶な人生を送られています。

作品で描かれている以外でも、困難な事は多々あられたのでしょうが

それを乗り越えられたキャラハンさんはスゴイ方だと思います。

 

作品内では、キャラハンさんに影響を与えた禁酒会の主催者の方や

スケボー少年達など、色々な人達の優しさに満ち溢れた雰囲気が印象的でした。

それと、主演のホアキンさん!この人がキャラハンさんなのでは?

と思わせるような(笑)演技でした。本当にスゴイ役者さんです!

 

暗い画にならずユーモアを交え、ただの感動作だけに収まらず

観る人に勇気や希望を与える作品だと思います!

僕の文章力では伝わりませんので(笑)ぜひぜひ観て頂ければ!