ルート・ブリュック展!

この間、伊丹市立美術館で開催中の

『ルート・ブリュック 蝶の軌跡に行ってまいりました!

“ルート・ブリュック”さんは、フィンランドを代表する

セラミックアーティストで、その作品は小型の陶板から

公共施設の大型壁画まで、幅広く手掛けています。

 

日本で初めてとなる展覧会では、約200点からなる作品が通じて

50年にわたって活躍された“ルート・ブリュック”さんの歴史と

多彩な仕事を網羅していく内容になっております。

 

今回の展示会では、多くの作品の撮影が許可されていましたので

僕の文章より画像を見てください(笑)

まだまだ画像はあるのですが、この辺で!

見足りない方は、僕に直接言ってくださいね(笑)

 

正直、ルート・ブリュックさんの作品は、以前に書籍で見ただけで

あまり知識もなかったのですが、いやー良かったです!(笑)

 

初期の蝶や鳥などの絵が入った可愛い陶板の作品も良いですが

後期の様々な大きさのタイル?を繋ぎ合わせた抽象的な作品も魅力的でした。

これほどまで作風が変わるのかと驚きを隠さずにはいられないッ!(笑)

 

画像では伝わりにくい作品の凹凸感や質感などなど

実際に見て頂いたほうが、作品の良さと凄さが体験できますので

ぜひぜひ行ってほしいですね~

ポストカードなども購入しましたよ!