万作萬斎新春狂言2020

先月、サンケイホールブリーゼで開催されました

『万作萬斎新春狂言2020』に行ってまいりました!!

“狂言”は、数十年前から興味があり

観に行こうと思いながら、何年も過ぎ今日に至ります…

DVDなど映像では予習しておりましたが、初めての生“狂言”

しかも、万作さんと萬斎さん!楽しみでしかありません!!

 

そして、そろり、そろりと会場に到着!

今回は2階席の正面で 、全体が見渡せました!

チラシの中に、本日の番組表が入っており

演目や語句の解説などが書かれており、一通り目を通してから開演!

 

謡初で始まった後に、萬斎さんのレクチャートーク!

この後に控える演目を、笑いを交えつつ軽快な喋りで

スゴク分かりやすく解説してくれました!

 

 

最初の演目は、万作さんによる“月見座頭”

仲秋の名月。月は見えずとも河原で虫の声に聴き惚れる座頭に

都から月見にやってきた男が声をかけ、和歌を詠みあい意気投合するが…

 

狂言は、笑いのある喜劇だと思いこんでいたのでビックリ!

人間の恐ろしさと言いますか、何とも言い難い悲しさがあり

これも狂言なのかと思わされました…個人的に好きですが(笑)

 

そして、萬斎さんによる“首引”

年頃になった娘に人間を食い初めさせたい親鬼(何か怖いですね…笑)

通りがかった男を食わせようとしますが、なかなか一筋縄では行かず…

 

今度は打って変わって、鬼の衣装を身に纏った萬斎さんが

観客を巻き込み、笑いがあちこちで巻き起こる楽しい演目!

まったく違うものが見れて非常に満足でした!

 

実際に観に行くと映像とは全く違い、緊張感や凄みを感じ

狂言がさらに楽しく観れました!

欲を言えば、次はもう少し近くで観たいですね!(笑)

次こそは最前列をゲットします!