英単語の語源図鑑

身体や趣味的な事、興味ある事柄などなど

最新の海外の情報を見る事が多々あります。

 

英語はサッパリさんですので、翻訳ソフトに頼る訳ですが

明らかに、ん?と思う文章がチラホラ…

それでも何となくは理解したつもりになるのですが

自分でも読めたら便利だろうなぁと思い、面白そうな本を購入しました!

 

『英単語の語源図鑑』

“100の語源で10,000語が身につく!”に惹かれました(笑)

本書に出てくる“語源学習法”で、お勉強をしていくわけですが

この学習法では、英単語を構成するパーツ(語源)ごとに分けて考えます。

 

主に単語の先頭に付いて、方向や位置や時間関係、強調や否定を表す「接頭辞」

単語の真ん中に来て、その単語の意味の中核を表す「語源」

最後に付いて、単語の品詞の機能や意味を付加する「接尾辞」

の3種類のパーツの組み合わせで、大半の英単語の意味が分かるとの事です。

 

例えば“adventure”

「接頭辞」ad(~の方へ)+「語源」vent(行く)+「接尾辞」ure(状態を表す名詞)

何かに向かって進んでいく事冒険となる訳です。

丸暗記してこなかった人間としては、目から鱗!耳からウドン(笑)

イラストも付きでスラスラ読めますので(頭に入ってるかは別として 笑)

僕みたいな英語ダメダメオジサンにオススメですよ!