13歳からのアート思考

『13歳からのアート思考』

 

高校の選択科目で、美術、音楽、書道があると思います。

中学校時代、書道は中学の途中まで習いに行き、音楽の成績も悪くなく

美術だけが、絵心が無く成績も良くはなかったのですが

選択したのは美術…友達に誘われた訳でも、今ほど好きな訳でもなかったのに…

書籍の題名を見て、ふとそんな事を思い出しました。

 

余談はさておき(笑)

“13歳から”…遠い昔の話ですね(笑)

小学校の人気教科である“図工”が、中学校に上がり“美術”になった途端

“絵が下手”、“美的センスがない”など、苦手意識が芽生える事で

美術を嫌いになる生徒が増え、人気が急落していくそうです。

 

本書では、そのまま美術嫌いになった大人が、本当の美術の面白さを体験し

学び直す事で“自分だけのものの見方・考え方”を身に着ける手助けをしてくれます。

本書は、著者である“末永幸歩”先生の授業をバージョンアップさせたもので

自画像を描いてみたり、有名な絵にダメ出しなど、楽しめて読み進めれます。

読み終えて、アートに対する見方が変わったのもそうですが

いかに、自分の見方や考えが柔軟性が無く狭かった事を気づかされました。

アート好きな方でも興味ない方でも、ぜひぜひ読んでほしい一冊です!