三島 喜美代展

元町商店街にあるギャラリー

ギャラリーヤマキファインアートさんにて開催中の

三島 喜美代展に行ってまいりました!

 

撮影OKでしたので、まずは画像をドウゾ!

ギャラリーの壁中に、三島さんのアトリエを映したパネルが張り巡らされ

所々に、時計やライトなどの自身の所有物が取り付けられています。

そして中央には、未発表のまま30数年間もアトリエの外に放置され

あたかも“ゴミ”のような経年変化を起こした作品が林立しています。

それと、缶や瓶に取扱注意の札などは、実はセラミックで製作されています!

 

ドンドン情報が更新されて、その膨大な量に翻弄されながら生きる人間が

その営みの中で生み出され無限に増大する“ゴミ”の行く末がどうなるのか

三島さんは、その先に関心を向けているそうです。

 

ネットが普及し手軽に情報が入る分、情報過多になりすぎてしまい

そのせいで自身の不安をあおり、心身にも影響を及ぼす事もあると思います。

余分な情報が“ゴミ”なのか、いかにそれを廃棄し不安を拭い去るか

はたまた、その“ゴミ”を上手く取り込み処理できるのか

または情報量を最小限に留めるのか、など色々と考えさせられました。

今月末31日(土)まで会期されておりますので、是非!