認知バイアス 心に潜むふしぎな働き

認知バイアス 心に潜むふしぎな働き

 

身近なところで…

“クチコミ評価が高いから美味しいに違いない”

“値段が高いし、ブランドだから間違いない”

“TVや雑誌に出ているから良い店なんだろう”……

で、後悔したことはありませんでしょうか?

僕自身も流されない様に、常日頃気を付けて選択をしているつもりですが

知らず知らずの内に、人は思い込みや偏りなどを作っているみたいです。

特に情報過多なこの時代、バイアスはかかりやすくなっているかも。

 

本書では、特定の状況下での認知バイアスが生み出される仕組みについて、色々な例題などを挙げながら詳しく書かれております。

見えている様で見えていない“チェンジ・ブラインドネス”

思い出しやすさで発生頻度を判断してしまう“利用可能性ヒューリスティック”

言語が記憶を阻害し、思考を停滞させる…などなどと納得させられる事が多く、興味深く読み続けて最後の章では“「認知バイアス」というバイアス”

これまで読んできて“認知バイアスに囚われてしまう人間は愚かである”と、思ってしまうバイアスについて書かれており、バイアスに陥りそうなのを止めて頂けました(笑)

色々と後悔した経験がある方は読んで見る事をオススメします!

ダマされたらあきませんよ!(笑)