平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989-2019

後ろ髪をひかれつつ…艸居さんの次にまいりましたのは…京都市京セラ美術館

開催されておりましたのは『平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989-2019』

美術評論家の椹木野衣さんを企画・監修に迎えて

独自の視点で選定したアーティスト達による、平成の美術を振り返る展覧会となっております。(画像は椹木さんの著書です)

14の作家グループの作品群と、1作家グループの資料からなる重厚な展示空間となっており(欲を言えば、カオス・ラウンジさんの作品も見たかったのですが…)

入り口には“平成の壁”と題された年表が提示されておりました。

一部を除きまして、なんと撮影可でしたのでドウゾ!

スゴイ方達の作品を同じ空間で観れることに

ありがたみを感じながらも、お目当ては…

展示を見てきたばかりの梅津さんが主催する美術の共同体

パープルームの展示『花粉の王国』です!!

 

いつも、SNSやYoutubeチャンネルパープルームTVで見ていた

メンバーの皆さんの作品を拝見できる日が来るとは…感謝!!

 

まずは“安藤裕美”さん

“アラン”さん

“シエニーチュアン”さん

“わきもとさき”さん

そして“梅津”さん

黒田清輝さんの作品『智・感・情』に自身を重ねた作品『智・感・情・A』

4枚だった作品が、この時は7枚になっており(最終的には9枚になると言ってたような気がします)鑑賞者を取り囲むような配置は、本当に圧巻でした!

良いですね!

時間が無かったので、今回はここまで!

他にも行きたいギャラリーさんや、お店さんに加えて

ますたにのラーメンや、双葉の豆大福も食べたかったのですが(笑)

また、時間が取れた時に行こうと思います!

神戸で頭痛にお悩みなら

整体&カイロプラクティック アルモニ・神戸元町