アイノとアルヴァ 二人のアアルト

今回、兵庫県立美術館で開催中の『アイノとアルヴァ 二人のアアルト』に行ってまいりました!

 

世界的な建築家である“アルヴァ”さんと、妻でありデザインパートナーでもある

“アイノ”さん二人の軌跡を紹介した展示となっており

デザインされた家具に加え、貴重なデッサンや図面に写真などなど

たまらない!内容になっておりましたデスデス。

 

しかも!撮影OK!の大盤振る舞い!

そんなこんなで画像をドウゾ!!

見てると欲しくなる家具の面々が!

実は、アルモニにも置いてあるのですが、それは御来院されてのお楽しみに(笑)

特にコレが欲しい!(もちろん買えません…)

図面やデッサンに加え

設計した建物の模型も!

アアルトさんが家具職人の“オット・コルホネン”さんと開発した“L-レッグ”

その曲げ加工をする機械やプロセス映像なども見れました。

問題です!これは何の道具でしょう?

答えは画像の中にチラッと見えてますよ(笑)

アイノさんのデザインした“iittala”のガラス製品は本当に洗練されて素敵!

個人的にこの辺がグッときちゃいました…

 

あらためて思うことが、洗練されたデザインでありながら機能的であり

使う人や、その空間で過ごす方を大切に考えられている事がスゴク伝わります。

本当に優しさに満ち溢れた設計だと個人的に思います。

 

今回は、常設展示室で開催されていた“コレクション展Ⅱ”

“なぜ ここに いるの”“東影智裕展 触知の森”も観てきました。

今まで、時間が無く“常設展示室”の展示をスルーしたのが

勿体ないくらい見応えたぅぷりでした!

お時間ある方は、セットで鑑賞する事をオススメします!

神戸で頭痛にお悩みなら

整体&カイロプラクティック アルモニ・神戸元町