みんなの現代アート

『みんなの現代アート 大衆に媚を売る方法、あるいはアートがアートであるために』

 

著者である“グレイソン・ペリー”さんは、2003年のターナー賞など

数多くの賞を受賞された、イギリスを代表するアーティストです。

 

そのペリーさんが、アートの価値基準や鑑賞方法に業界の事

また、自身の経験を踏まえたアーティストを目指す方へのメッセージなどを

ユーモアや皮肉に、アートへの愛を交えながら書かれています。

 

なかなか鋭く皮肉たっぷりの攻めた内容ではありますが

刊行した翌年に、ロンドン芸術大学の総学長に就任しています。

御本人曰く、からかって(いじめて)ばかりだったのは

アート界が、それを余裕で受け止めて、後押しをしてくれるのを知っているからだとか(笑)

 

また日本の状況とは違う部分もありますが

巷に溢れかえっている“アート”への疑問が、少しでも理解できるかと思います。

 

個人的に最終章の“気づいたら私はアート界にいた”

“ブルーピリオド”11巻を思い起こさせるものがありました。

ぜひ全巻購入して読んで頂きたいぐらいおススメです!!

神戸で体の不調でお悩みの方は

整体&カイロプラクティック アルモニ・神戸元町