ボイス+パレルモ展

今回は国際国立美術館で開催中の

『ボイス+パレルモ展』に行ってまいりました!

 

戦後の美術史で重要な芸術家のひとりである“ヨーゼフ・ボイス”さんと

その教え子のひとりでもあった“ブリンキー・パレルモ”さん

お二人の60~70年代の作品を中心に構成された展覧会です。

 

個人的に待ちに待ってた展覧会でもあります!

期待に胸を膨らませながら、いざ会場へ!!

もちろん会場内は撮影NGとなっておりましたので

看板だけでも堪能してもらえれば(笑)

 

僕自身、お二人の作品を知っていた程度の知識ですので

物知り顔で言える立場ではありませんが、現代美術(現代アート)が好きな

(興味がある)方は、行って損はないと思われます!

 

全く知らない方は、ボイスさんのドキュメンタリー映画

“ヨーゼフ・ボイスは挑発する”を視聴する事をオススメですが(僕も予習済み)

予備知識無しで作品と向き合い、意図的な事に思いを巡らせてみたり

作品と空間の関係性を堪能したり等、好きなように楽しむのもアリかと。

他の事にも言えますが、変に知識(答え)を入れ過ぎてしまうと

それに囚われ、自身の自由な考え(楽しみ)方が出来なくなる事もありますしね。

そんなこんなで図録とポストカードを購入しました!

図録はかなり分厚く、これはお買い得ではないかと!

来年1月16日まで開催中ですよ!

神戸の整体&カイロサロン アルモニ・神戸元町

神戸で骨盤のゆがみが気になる方は